余裕の無い有象無象

腐れ大学生の徒然ならぬ日常。多分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しとしとじめじめ…

雨降るのか降らないのか分からない中途半端な曇り空。とかく湿度が高いと無駄に体力消耗してイライラしてきてしまう。
とか思って窓の外見たらしっかり雨降ってるし! やった、明日のソフトボールは休みだ!

■自主休校
昨日、実は父方の祖父、My母、My姉とで飲みにいったのですよ。祝賀会。何が目出度いかは…まあ、ここで言っても分からないことだからいいや。
グラス3杯程度のビールしか飲まなかったんだけれど、しっかり風呂入って酔いを醒ましてベッドインしてから目ぇ覚ましたら頭ガンガンのぅぉぇっぷなわけですよ。いやにビールが美味く感じたのが何か因果関係あるのだろうか。
で、こりゃ一限からなんて無理な話、ということになって、とにかく二度寝。起きたら三限に間に合わない時間だったので、そのまま自主休校。
あぁ……テスト近づいてるのに何してんだ俺orz

■例の問題
上記の理由で裁判の結果の詳細を調べることができなかったので、回答は明日に回します。代わりに、昨日言っていた別の問題を載せておきます。

公立学校の小学5年生であるBちゃんは、同級生から苛められていて一年間で殆ど登校することがなかった。勿論、5年生の時に学ばなければいけない学習の内容は殆ど習得していない。
いじめの問題をしっかり解決してから、学年が変わる年度末、Bちゃんは両親や担任の先生と良く相談して、Bちゃんも納得した上で、もう一度5年生を、つまり留年することを学校側に要請した。
しかし、学校側はBちゃんらの要請に応えることなく、何の配慮もなしにそのままBちゃんを進級させてしまった。勿論、勉強の内容なんて全然わからないBちゃん。その後はどうなったかは知らない。
Bちゃん側はこの学校の選択に不服を唱え……「損害賠償」だったか、「進級取り消し」だったかを訴え裁判を起こす。学校側は「何も 問題は ない」と「学校の責任はない」ことを主張。

さて問題。この裁判、どちらが勝つでしょう。
答えは[続き]からどぞー。

■めいぽ
二日酔いの割りにめいぽはやる。
ミデアが何気に60%くらいまで溜まっていたので、第一次、第二次SDTをしっかり狩ってから狩場を転々とした後ジパングはアジトの駐車場へ行ってみることに。

( ゚д゚)……空いてるし……。

で、黙々とソロ狩りをしてると「PT組ませてください」「一緒に狩らせてもらえませんか?」「PT入れて~」……と、流石は人気狩場。一杯誘われまして、一番多い時で4人PTで狩り狩り。
途中MP切れて一墓した(PT狩り時は必死なのでSSなんて撮ってる暇ありません><)りしたけど、一時前にレベルうp。85。
コツコツレベル上がってます……やっぱマギコ買う前に露店欲しいなぁ。

さて、今日の問題の答えは下からどうぞ。

■正解
答えは「学校側の勝ち」。
まず前提として、小学校での留年(難しい言い方をすると『原級留置』)ということが許されているかどうか、ということに関してだけれど、これは「学校教育法施行規則」という文部省が出した「告示」の中にある「第二十七条」によって、校長の権限により認められている。それは小学校でも同じことである。
この二十七条というものを簡単に説明すると、「校長は児童・生徒がその学年に応じた学習をしっかりして、きちんと成績を残せた子どもに関しては、きちんと進級させなくてはいけない」というもの。この解釈から、転じて「きちんと成績を残せない、学習が十分ではないと校長が判断したら、留年させてもよい」ということになる。

だが、ちょっと待って欲しい。この時点でここを見てる人に問いたい。あなた方の同級生で、小学校の時に留年した人はいますか?

この二十七条、実はもうその意味を持たないくらいの告知になっているのです。詰まるところ「死文」。現実、小学生を留年させるなんて見方すらない、という状態だし。
この告知から見れば、Bちゃんたちの訴えは叶えられて当然なのかもしれないけれど、この時の裁判官の中にこの告知の二十七条がなかったと思われる。それでなくても、進級留年は校長の判断で決められるもので、その判断が正しかった、と裁判官が判断したのであれば、そうなんだろう、というところが落ち着き所なのかしら。

余談になるけれど、今期は見送られた教育基本法改正案の問題点を上げる人たちによる訴えの中に「飛び級、留年が起こりうる」というものがある。飛び級は兎も角、留年は現状でも、それがきちんと適切な状況であれば、存在し得るということを、頭の片隅にでも残して置いてくれると嬉しいかもしれない。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/27(火) 01:32:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<よかれと思ってやったこと | ホーム | いいかーお前らー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mazogathering.blog69.fc2.com/tb.php/25-bb15a99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。