余裕の無い有象無象

腐れ大学生の徒然ならぬ日常。多分。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピーカー変えた。

LogicoolのLS21。サブウーファー付いてるやつ。
低音が響くねぃ(・ω・)

■女性って
強かだなぁ、と思う今日この頃。
肉食女子だとか草食男子だとか言われる昨今だけと、もとより「母は強し」に代表されるように、女性という生き物は強い生き物なんだと思う。動物界や昆虫界だって、メスの方がオスよりでかかったりとか、普通じゃん?

まぁ、世の女性の殆どに偏見持ってるボクが言ったところで皮肉にしか聞こえませんでしょうけれども('ω')

なんでこんなこと書き出したのかというと、姉上が最近ブログを立ち上げてですね。それを暇があればちょこちょこ覗いてるんで、その感想を言っておきたいのぅ、と。
直接言えばいいじゃない、なんて野暮なことはナシよ('ω')ノ"

女性が強い、というよりは、姉上TUEEEEってところなんでしょうけど。でも姉上も紛れもなく女性なわけでー。
とにかく、自分のダメなところ認めつつ日々頑張ってる姉の姿に惚れた。人間的な意味で。頑張れ姉上、ダメな弟ですまん。

現代の社会は男性が作ってきました。それは決して男性が優れているからではなく、女性が政治や労働の中から徹底的に排除されてきたから。
男性と女性には大きな違いがある、と思ってます。常日頃。男性と女性の思考、感性、行動、似ていることもあれば、違うところもあります。
それは個人毎に違う、と言われたらそれまでなのですが、それでも「男性らしさ」「女性らしさ」という言葉は、過去の日本人が凝り固めてきたイメージ以上に存在するのではないかと思います。
女性の本当の強さ、男性の本当の強さ。それぞれが噛み合って、初めて社会っていうのが形成されていくのではなかろうかね。

……なんか凄く今更感溢れることを言っているなぁボクは。
あぁでも、よくウチの大学にいるババコンガやドドブランゴ亜種のようなオンナどもの擁護はしませんよ。ボクああいうヒトたち嫌い。ハローエフェクトと言われようとも。向こうから同じように思われていようとも。フリースで外歩くなと言いたい。声を大にして言いたい。
あと何でもかんでも「権利権利」「差別差別」言う人も嫌い。これ女性に多いんじゃないの。憲法読め。自分で解釈しる。そうしてから吠えろよ。「権利」と「責任」っていうのは、君らが思ってる以上に密接な関係にあるんだから。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 05:30:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はいしゃ

歯医者行ってきました。かれこれ5年以上行ってなかったんですよ、ええ、怖くて。
というのもですね、3、4年前辺りからポロポロと詰めた金歯?銀歯?が取れちゃっててですね。別に痛くもないしいっかー、と思ってほっといたんですよ。そしたらこの数日で一気に。

・何もしなくてもズキズキ痛む時がある(いつもはほとんど痛くない)
・削られた部分にモノが詰まった状態で噛むと鬼のように痛い

これは流石に行かなきゃまずい、ということで、駅前の歯医者さんに行ってきたのです。受付のねーちゃん'sが綺麗すぎてビビッた

先生は若め?の男性で、とても気さくな方でとても安心しました。じーさんばーさんだったらやべぇな、と思ってました、素直に。

(医´∀`)<えっと、今日は~…。

(俺・ω・)<かくかくしかじか

(医;´∀`)<ちょww流石に3、4年はだめだよー。

(俺;ω;)<ですよね…。

そんなやりとりの後に治療スタート。先ずは歯の様子を見て貰いました。最近の歯医者さんってペンタイプのカメラ使ってるのね。すげー。
んで、金歯がとれてた歯は右側の上顎、奥に2本、左側の下顎奥に1本。左側と右側の一つは全然大したことはなく、そのまま型を取ってもっかい被せればおkとのこと。
しかし、残った右奥のもう一本がくせ者でした。

(医´∀`)<ここねー、多分神経まで虫歯いっちゃってるねー。

(俺;ω;)<そうですか…。

(医´∀`)<これ治療するのに6回かかるよ。痛いけど頑張ろうね。

ああ、なんていい先生…!しかし麻酔は痛かったです先生('A`)
で、歯のレントゲンを取って神経虫歯確定、ごりごり削ることに。削る前に奥歯のもう一本のやつの型どり。あのガムみたいなやつを噛むんだけど、その時に神経虫歯の歯ですっごく噛んでたので、滅茶苦茶痛かった。多分この治療の中で一番痛かった
それから、がりごり削るために麻酔。ITEEEEEE…と思ったけど、想像していたよりはあんまり痛くなかった。もっとこう、ぎゅーって押さえつけられるような痛さだと思ってたのに。
まぁ何はともあれドリルでがりごり。チュイーンとかギュイーンとか言いながらめっさ削られました。でも普通に痛くなかったのはやっぱ麻酔のお陰ですね。ありがたや。
削られた後にちょっと舌で触ってみると…ぅお、めっちゃ削られてる。SUGEEEEE。ちょっと感動しました。何故だ。

その後、神経虫歯の歯の根っこの数と長さを調べてもらった。何か歯茎に刺してる?のか、ある程度の深さまで行くと電子機器がピーって鳴って教えてくれるもので計ってたのですが…あれ、多分歯茎に針っぽいのをブッ刺してるんだよね。あれが一番痛かったんじゃないの?と思う。麻酔のお陰で何も感じなかったけどさ。
んで、歯の空いてる部分に仮の詰め物をして終了。よかったよかった(´ω`)
しかし歯の麻酔をたいりょーに打ってもらったために唇の半分くらいまで感覚がなくなって、しばらく違和感がひどかった。唇噛んでも痛くないし、何食べても味が中途半端だし。
ついでに、仮の詰め物しててもかみ合わせが悪いもんだからひっどい違和感。これは現在進行形。まあ、慣れれば問題ないような気もしますが。

久々の歯医者体験でした。皆は歯の被せモノがとれた時はすぐ歯医者さんに行くんだよ!お兄さんとの約束だ!

……ああ、自分だけですか、3、4年放置しとくのは(・ω・)
  1. 2009/03/11(水) 04:36:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。